こういうウェブサイトでは、女性のための育毛エステティックサロン「レディースアートネイチャー」に関して、アラフィフ女性が思い出メニューに潜入した文をお届けする。工夫ときのチャットからエステティックサロンの考え方、相談中味や口コミ、フィードバックまでを細かく口頭。Before&After写真も掲載しています。

※Before&Afterムービーは頁下にあります!
「女アートネイチャー」ショップの様子

では体験してみようと思い電話をしたところ、手当事象はとにかく診断してからじゃないとできないと言われたので、取り敢えず設定をする物事になりました。その際の通話は少しあっさりして掛かるフィーリングでした。

10パイぐらい前に来て下さいと言われていたので、早めに店頭に行きました。 発端は落ち着いたトーンで、ガラスケースの中に造花やウィッグが飾られています。

ドアを開けるとインフォメーションには誰もおらず、インフォメーションまで伺うって女性が出てきたので女性に冠を伝えました。直後、ありのまま相談室へ案内されました。 インフォメーションも歩廊も大きく、ゆったりした雰囲気で、補修も丁寧にされていてどこも綺麗でした。

座敷はゼロ座敷で、一面は鏡になっていました。両横の棚にもウィッグって造花が飾ってあり、机という椅子が3つありました。モニターというミクロスコープも置いてありました。

レディースアートネイチャーの育毛プランHP

飲物の欲求を聞かれたので応えるという、コンサルタントが飲物を持ってきてくれました。 ありのまま思い出通りについての説明を簡単に受け、「今日は思い出せずにお伝えだけで、後日体験していただくようになります」と聞いて、電話で申し込みをした際にその話を聞いていなかったので思い出に二日間肝に驚きました。

アドバイザーのヒューマンは、幾らか爺さんにおいて世の中演説を付け加えながら賢く演説を進めて得る風情でした。

一回目の時折他の担当のユーザーは何者とも会うことが無く、二回目ではきっかけで他のクライアントが帰られる場合挨拶をして要る担当を見かけただけでした。相談役の女性といった、手術担当の男子しか会わなかったので、コンサルタント以外には会わないようになっているのかなと思いました。
「女アートネイチャー」コンサルティング、施術コンテンツ

スタートは、先ずめしや睡眠、病歴、煙草、お酒、動作に関しましてなどの事項って、気になる箇所やいつから気になるのかについてなどをカウンセリング記録3枚に記入し、コンシェルジュの者からのヒヤリングに答える流れでした。

先々、ミクロスコープで頭頂部、後頭部、位置づけなどを見ながら髪の少なくなっている状態や、髪の伸びる制度にあたってお話ししてもらいました。お伝え後は、手入れ程の調査撮影を見ながらレビューを受けました。

トライアルを受けるお天道様の予約を取るために調整ときの確認をしに、エージェントの方法は一旦清算し、5分け前上記経った頃に書籍といった封筒、例の洗髪ってコンディショナー2回分を持って座敷に戻ってきました。

出来事日光をいくつかの選択から選ぶと、エージェントの方が名刺に出来事日光を記入し、体験するLABOMO美容髪番組のパンフレットと、試料の洗いとコンディショナー、試料のパンフレットを封筒に入れて手渡されて一回目は終わりました。最後はエレベーターまで見送ってもらいました。

二回目では、暇の数分前に店頭に着き、インフォメーションに誰もいなかったので呼び鈴を鳴らそうと思っているという、ダディ働き手が出てきました。人名を接すると、単に手入れ室へ案内してくれました。

広場に入る前に、通路における本棚の前述で「マガジンはいかがですか?」と言われたので、ウェア本を二冊選んで広場に入りました。
着衣をロッカーにわたってもらい、手提げを視線の届く場所に置くみたい求められます。椅子に座るといった、前回同様に水ものを聞かれ、和風茶をお願いしました。水ものを聞いて男性が清算されたので、誌をしばし見ていると、お茶とケーキが載ったトレーを持ってきてくれました。

以後、名刺を手渡されて「専門させていただきます○○だ」と伝えられ、その男性はまず客間を退出しました。

男性が担当するとしていなかったので、さっと驚きながらお茶を飲んでいると、処置係員のパパというコンシェルジュの方が客間に戻ってきました。

エージェントの方が、処置使用人の方を紹介した上、処置使用人の男性に「パパも無事でしょうか?」といった聞かれたので、「大丈夫です」って答えました。
カウンセラーの方には、「男性の方が念入りですよ」といった笑顔で言われ、メンテ使用人の男性に「それではお願いします」と言ってから退出されました。

—–

手入れ室はとても大きく、鏡が2つあり、電動でリクライニングする椅子って、シャンプー席や湯気装置などが置いてありました。

最初にミクロスコープで、処置前のスカルプの様態を確認し、毛根の染みをオペにて取り除いて出向くことを聞いてから手入れが始まりました。

やり方の流れは、とりあえずターバンで髪を縛った後、頭頂部に浄化を塗り、シルバーの大きなバスキャップをかぶって湯煙機械で5取り分胸中を蒸します。

後、一度目のシャンプーをし、スカルプの血行を良くするための炭酸温水浴という専用のシャンプー客席でマッサージを通して下さい。再度シャンプーといったコンディショナーを付けて洗い流してもらい、温かいクロスを顔付き周りに当てた先、首の下も温めて下さい。

椅子を立ててもらってから、根元を軽々しく乾かした次、気になる頭頂部を中心にスーッとするローションが塗布され、続けて育毛剤も丁寧に塗布されます。その後にスカルプマッサージがあり、ドライヤーで乾かしながらブローして髪を整えてもらって終わりました。

オペレーションしながらレビューをその都度できるので、初めても不安にはなりませんでした。シャンプーやマッサージも細く生易しい力でさんざっぱら丁寧にもらい、お湯もふさわしい気温で気持ちよかっただ。

広場は電灯回避されていて、治療が始まるとリラックスして寝て仕舞うほうが多いそうですが、今回は初めての過去番組なのという、男性に施術して味わうので、寝ることはありませんでした。椅子がシャンプーのたびに自動でリクライニングしたり、すぐに顔つきに真新しい布が掛けられていたので、機材が整っているように感じました。

—–

全ての加療が終わると、もっとミクロスコープでスカルプの毛根の近くがくぼんでいることを確認して、毎月オペレーションを行うことと、専用の洗浄を使うことでだんだんスカルプの進度がよくなるという注記を受けました。

オペ使用人の方に御礼を伝えた先、相談役の顧客ってカウンセリング室へ距離し、お茶の種類を聞かれたので、暖かい国中茶をお願いしました。

ニュースを見ながら10当たりぐらいむかえると、お茶という軽食のトレーをアドバイザーの方が持って戻ってきました。「しばし保てはいかがですか?」とフワリ求められ、「今無職ので、給与とかがよくわからないし~」と言うと、料金表を見せてノートを書き付け加えながら説明してくれました。レディースアートネイチャーのパンフレットと価格見本

店施術という、TOP施術のプライスが記載されてあり、TOP施術プライスはまとめて買っても一本ずつ買ってもおんなじ金額で、割引きはないみたいでした。

清算をする際に、メモを貰ってもいいか聞くと、書き直してきますと言って客間を退出され、10分け前上記お茶を呑みながらむかえると、受け取りといった書き直したメモを持ってきて、封筒に入れて渡されました。 最後はまた出入り口まで見送ってもらいました。
「レディースアートネイチャー」チャレンジプランのBefore&After動画

処理前と後の映像を撮ってみました。

【傍】

レディースアートネイチャーのBeforer画像(正面)⇒レディースアートネイチャーのAfter画像(正面)

【頭頂部】

レディースアートネイチャーのBeforer画像(頭頂部)⇒レディースアートネイチャーのAfter画像(頭頂部)

【サイド】

レディースアートネイチャーのBefore画像(サイド)⇒レディースアートネイチャーのAfter画像(サイド)

術後動画が屋外撮影につき、ちょいぼやけてしまいました…。

体格や髪の張りなどはほぼ変わらず。さすがに一度で大きな変化は乏しいようです。
「淑女アートネイチャー」書き込みって反動

呼びだしブッキング担当の輩は、中心が行っているとのことでしたが、内容を惜しくも細かく教えてほしかったなと思いました。

アドバイザーのパーソンは、最初は世人言及をしながら賢く言いだしを進めてくれている先入観でしたが、二回視線では積み重ねることを奨める先入観がちょいしました。手当て人手の方も続けて行うことが髪に素晴らしいという風に話している先入観がちょこっとありました。

店際はとても安息があり、一つ一つの部屋が広くてヒーリングでき、優雅な胸中になれます。便所も二要所とも大きく、綺麗に浄化されていました。

キャリア前の毛根は皮脂が盛り上がっているように見えましたが、施術後はまだ皮脂は残っては要るものの、毛根の周りにくぼみができているのが確認できましたし、施術人員が美師ということもあり、ブローもとても丁寧でした。家でどうやれば賢くブローできるか、シャンプーの時はどうして洗えばいいかなども丁寧に教えてくれたのはとても良かったです。

帰国後に、エステ通路のパンフを見ていると、手当最初のプレマッサージと、後半のトルマリン+バイブレーションがなかった部分に気づきました。また、イオンミストブローを使っていると書いてありましたが、使っていたものは普通のドライヤーのように見えました。
帰ってきてから気づいた企業だったので、どう図書と違うのかはわかりませんが少々気になりました。

エステティックサロン自体は感じも鋭く、方法特性も気持ちが良いスカルプのエステのようで、料金がしばし安ければ続けてみたいなと思いました。